『 計算 』 内のよくあるご質問

30件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • オプションの計算について(23)

    バイナリーオプションの価格は、そのオプションがどのくらいの価値をもっているかを表しており、「本源的価値」と「時間的価値」とで構成されています。本源的価値とは、権利行使を行ったときに得られる価値の... 詳細表示

    • No:418
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
  • オプションの計算について(13)

    「時間的価値」とは、オプションの残存期間(権利行使期日までの残存時間)を対象とした、将来の価格変動への見込み(期待値)です。本源的価値がゼロであっても、時間的価値ではプラスになります。 詳細表示

    • No:428
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
  • オプションの計算について(8)

    「ボラティリティ」とは原資産価格の変動率のことです。ボラティリティが高まると、権利行使される可能性が高くたるため、コールオプション、プットオプションともにオプション価格は高くなります。オプション... 詳細表示

    • No:433
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
  • オプションの計算について(22)

    アウトオブザマネーは権利行使によって損失が発生する状態ですが、バイナリーオプションは、権利行使期限が近づくにつれて時間的価値がなくなります。そのため、権利行使期限の到来にしたがい、アウトオブザマ... 詳細表示

    • No:419
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
  • オプションの計算について(10)

    オプション価格は、原資産の価格や原資産の変動率、金利などさまざまな変数を用いて算出されますが、権利行使期限までの残存時間もその変数のひとつです。残存時間が短いほど、価格変動の見込み(期待値)が低... 詳細表示

    • No:431
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
  • オプションの計算について(12)

    コールオプションの場合、【本源的価値=原資産価格-権利行使価格】となります。また、オプションの価値は、【本源的価値+時間的価値】で構成されます。コールオプションにおいて、原資産価格100円、権利... 詳細表示

    • No:429
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
  • オプションの計算について(9)

    原資産価格の変動率を「ボラティリティ」といいます。ボラティリティが高まると、権利行使される可能性が高くたるため、オプションの価格は高くなります。 詳細表示

    • No:432
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
  • オプションの計算について(26)

    オプション価格の計算に用いる指標のひとつに「デルタ」があります。デルタは、原資産価格の変化に対するオプション価値の変化率を表しており、【オプション価格の変化額÷原資産の変化額】で求められます。 詳細表示

    • No:415
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
  • オプションの計算について(11)

    オプションの価値は、「本源的価値」と「時間的価値」で構成されます。本源的価値とは、権利行使を行ったときに得られる価値のことで、原資産価格と権利行使価格の差額で表すことができます。時間的価値とは、... 詳細表示

    • No:430
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
  • オプションの計算について(20)

    「インザマネー」とは、権利行使を行った場合の損益がプラスの状態であり、「アウトオブザマネー」とは、権利行使を行った場合の損益がマイナスの状態を言います。本源的価値をもつ「インザマネー」に対し、「... 詳細表示

    • No:421
    • 公開日時:2020/12/09 18:12

30件中 1 - 10 件を表示