• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

オプション教室

『 オプション教室 』 内のよくあるご質問

100件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • オプションの仕組みについて(2)

    通貨オプションとは、通貨を原資産として一方の通貨を売り、他方の通貨を買う権利です。ペアとなる通貨に応じて、以下のように呼ばれます。○円とドルをペアとする場合・円を売って、ドルを買う権利=円プット... 詳細表示

    • No:509
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの計算について(8)

    「ボラティリティ」とは原資産価格の変動率のことです。ボラティリティが高まると、権利行使される可能性が高くたるため、コールオプション、プットオプションともにオプション価格は高くなります。オプション... 詳細表示

    • No:433
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの方法について(12)

    バイナリーオプションには想定元本が明示されないため、ヘッジ対象資産の損失を100%ヘッジすることができません。バイナリーオプションを利用して資産をヘッジする場合は、損失の一部を補うものとして取扱... 詳細表示

    • No:483
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションの計算について(23)

    バイナリーオプションの価格は、そのオプションがどのくらいの価値をもっているかを表しており、「本源的価値」と「時間的価値」とで構成されています。本源的価値とは、権利行使を行ったときに得られる価値の... 詳細表示

    • No:418
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの方法について(14)

    権利行使価格の高いバイナリーコールオプションと、権利行使価格の低いバイナリープットオプションの2つのオプションを取得すれば、判定価格が両オプションの権利行使価格でつくられた価格帯から外れた場合に... 詳細表示

    • No:481
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションの仕組みについて(3)

    オプションには様々な種類がありますが、決済方式によって2種類に大別できます。・現物決済をするオプション…権利行使時に、実際に原資産の受渡で決済を行うオプション・差金決済をするオプション…権利行使... 詳細表示

    • No:508
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの計算について(13)

    「時間的価値」とは、オプションの残存期間(権利行使期日までの残存時間)を対象とした、将来の価格変動への見込み(期待値)です。本源的価値がゼロであっても、時間的価値ではプラスになります。 詳細表示

    • No:428
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの計算について(26)

    オプション価格の計算に用いる指標のひとつに「デルタ」があります。デルタは、原資産価格の変化に対するオプション価値の変化率を表しており、【オプション価格の変化額÷原資産の変化額】で求められます。 詳細表示

    • No:415
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの仕組みについて(8)

    通貨バイナリーオプションは、通貨ペアを対象とし、通貨ペアの交換レートを権利行使価格として、権利行使時点の両通貨のレートが権利行使価格を上回るか下回るかにより、権利行使によるペイアウトの有無を判定... 詳細表示

    • No:503
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの方法について(6)

    判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも上昇していると予測する場合、判定時刻時点の値が「原資産価格≧権利行使価格」でペイアウトを受け取れるバイナリーコールオプションを買い付けます。 詳細表示

    • No:489
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法

100件中 1 - 10 件を表示