• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

オプション教室

『 オプション教室 』 内のよくあるご質問

100件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • オプションの仕組みについて(2)

    通貨オプションとは、通貨を原資産として一方の通貨を売り、他方の通貨を買う権利です。ペアとなる通貨に応じて、以下のように呼ばれます。○円とドルをペアとする場合・円を売って、ドルを買う権利=円プット... 詳細表示

    • No:509
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの方法について(12)

    バイナリーオプションには想定元本が明示されないため、ヘッジ対象資産の損失を100%ヘッジすることができません。バイナリーオプションを利用して資産をヘッジする場合は、損失の一部を補うものとして取扱... 詳細表示

    • No:483
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションの計算について(8)

    「ボラティリティ」とは原資産価格の変動率のことです。ボラティリティが高まると、権利行使される可能性が高くたるため、コールオプション、プットオプションともにオプション価格は高くなります。オプション... 詳細表示

    • No:433
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの概要について(18)

    個人投資家の場合、通貨関連店頭オプション取引の利益は、FX同様に通常雑所得として課税対象となります。 詳細表示

    • No:463
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 概要
  • オプションの方法について(1)

    将来の原資産価格を上昇と予想するか、下落と予想するかでヘッジ方法が変わります。①保有する原資産の今後の価格が下落すると予想した場合原資産のプットオプションを取得することで、価格が下落した分をヘッ... 詳細表示

    • No:494
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションの計算について(12)

    コールオプションの場合、【本源的価値=原資産価格-権利行使価格】となります。また、オプションの価値は、【本源的価値+時間的価値】で構成されます。コールオプションにおいて、原資産価格100円、権利... 詳細表示

    • No:429
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの仕組みについて(10)

    通貨バイナリーオプションで、ドル円を原資産とするものについて、それぞれ以下のように呼びます。円高になるとペイアウトを受け取れる権利=ドル円のバイナリープットオプション円安になるとペイアウトを受け... 詳細表示

    • No:501
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの計算について(21)

    インザマネーは権利行使によってペイアウトを受け取ることができる状態ですが、バイナリーオプションは、権利行使期限が近づくにつれて時間的価値がなくなります。そのため、権利行使期限の到来にしたがい、イ... 詳細表示

    • No:420
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションのリスクについて(2)

    オプションの買い手は、権利行使をせず、放棄することができます。放棄した場合、オプションの売り手との間で原資産の売買は成立しません。ただし、権利行使を放棄した場合でも、オプション料の支払いは発生します。 詳細表示

    • No:459
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: リスク
  • オプションの方法について(13)

    権利行使価格の高いバイナリープットオプションと、権利行使価格の低いバイナリーコールオプションの2つのオプションを取得すれば、判定価格が両オプションの権利行使価格の間となった場合に収益が得られます... 詳細表示

    • No:482
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法

100件中 1 - 10 件を表示