• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

オプション教室

『 オプション教室 』 内のよくあるご質問

100件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • オプションの仕組みについて(2)

    通貨オプションとは、通貨を原資産として一方の通貨を売り、他方の通貨を買う権利です。ペアとなる通貨に応じて、以下のように呼ばれます。○円とドルをペアとする場合・円を売って、ドルを買う権利=円プット... 詳細表示

    • No:509
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの計算について(8)

    「ボラティリティ」とは原資産価格の変動率のことです。ボラティリティが高まると、権利行使される可能性が高くたるため、コールオプション、プットオプションともにオプション価格は高くなります。オプション... 詳細表示

    • No:433
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの仕組みについて(3)

    オプションには様々な種類がありますが、決済方式によって2種類に大別できます。・現物決済をするオプション…権利行使時に、実際に原資産の受渡で決済を行うオプション・差金決済をするオプション…権利行使... 詳細表示

    • No:508
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの方法について(12)

    バイナリーオプションには想定元本が明示されないため、ヘッジ対象資産の損失を100%ヘッジすることができません。バイナリーオプションを利用して資産をヘッジする場合は、損失の一部を補うものとして取扱... 詳細表示

    • No:483
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションのリスクについて(2)

    オプションの買い手は、権利行使をせず、放棄することができます。放棄した場合、オプションの売り手との間で原資産の売買は成立しません。ただし、権利行使を放棄した場合でも、オプション料の支払いは発生します。 詳細表示

    • No:459
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: リスク
  • オプションの計算について(13)

    「時間的価値」とは、オプションの残存期間(権利行使期日までの残存時間)を対象とした、将来の価格変動への見込み(期待値)です。本源的価値がゼロであっても、時間的価値ではプラスになります。 詳細表示

    • No:428
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの概要について(1)

    平成25年7月18日に、一般社団法人金融先物取引業協会にて制定された「個人向け店頭バイナリーオプション取引業務取扱規則」および同規則に係るガイドラインによって、取引期間は2時間以上に設定し、取引... 詳細表示

    • No:480
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 概要
  • オプションの計算について(12)

    コールオプションの場合、【本源的価値=原資産価格-権利行使価格】となります。また、オプションの価値は、【本源的価値+時間的価値】で構成されます。コールオプションにおいて、原資産価格100円、権利... 詳細表示

    • No:429
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの方法について(1)

    将来の原資産価格を上昇と予想するか、下落と予想するかでヘッジ方法が変わります。①保有する原資産の今後の価格が下落すると予想した場合原資産のプットオプションを取得することで、価格が下落した分をヘッ... 詳細表示

    • No:494
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションの概要について(20)

    特別の取り決めがなされる場合を除き、店頭バイナリーオプション取引契約成立(約定)後においてクーリングオフを行うことはできません。 詳細表示

    • No:461
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 概要

100件中 1 - 10 件を表示