• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

オプション教室

『 オプション教室 』 内のよくあるご質問

100件中 71 - 80 件を表示

8 / 10ページ
  • オプションの仕組みについて(14)

    権利行使価格1ドル100 円、ペイアウト1,000 円のドル円のプットバイナリーオプションを500 円で買付し、判定価格が1ドル99円となった場合、イン・ザ・マネーとなり権利行使が行われ、1,0... 詳細表示

    • No:497
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの方法について(11)

    プットオプションを買った場合、権利行使価格に原資産1単位あたりのオプション料を減算した価格で権利行使ができれば、損益はゼロとなりますので、同値が損益分岐点となります。 詳細表示

    • No:484
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションのリスクについて(8)

    オプションには期限が定められています。権利行使期限が到来し、権利行使が行われなかったオプションは消滅し、価値がなくなります。当社の『外貨ネクストバイナリー』は「自動権利行使制度」を採用しており、... 詳細表示

    • No:453
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: リスク
  • オプションのリスクについて(12)

    バイナリーオプションの売り手において、損失はペイアウト額からオプション料を差し引いた金額、利益はオプション料ですが、取引額(この場合はオプション料)に対して損失額のほうが大きくなることもあり、一... 詳細表示

    • No:449
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: リスク
  • オプションの計算について(1)

    オプション価格の理論式として代表的なものに「ブラック・ショールズモデル」があります。同モデルでは、原資産価格や権利行使期限までの残存時間等の複数要因を変数としています。 詳細表示

    • No:440
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの計算について(3)

    権利行使価格、権利行使期間が同一のヨーロピアンタイプとアメリカンタイプのオプションでは、アメリカンタイプの方がオプション価格は高くなります。アメリカンタイプは、買い手がいつでも権利行使でき、利益... 詳細表示

    • No:438
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの計算について(24)

    「ボラティリティ」とは原資産価格の変動率のことです。オプション価格の計算に用いられるボラティリティは、以下の2種類です。・ヒストリカルボラティリティ:原資産の過去実績に基づいて算出される変動率・... 詳細表示

    • No:417
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの仕組みについて(6)

    バイナリーオプションには、オプションの満期を権利行使時刻として定め、権利行使時刻に自動的に権利行使が行われ、オプションの買い手にペイアウトが支払われる一般的なバイナリーオプションのほか、レンジバ... 詳細表示

    • No:505
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの方法について(8)

    判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測する場合、判定時刻時点の値が「原資産価格<権利行使価格」でペイアウトを受け取れるバイナリープットオプションを買い付けます。 詳細表示

    • No:487
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションの概要について(3)

    通貨関連バイナリーオプションのショートポジションは、他の通貨関連オプションのショートポジションと同様に、ロスカット規制の対象となる金融商品であり、ロスカットされることがあります。ただし、当社(『... 詳細表示

    • No:478
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 概要

100件中 71 - 80 件を表示