• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

オプション教室

『 オプション教室 』 内のよくあるご質問

100件中 61 - 70 件を表示

7 / 10ページ
  • オプションの概要について(15)

    店頭通貨バイナリーオプション取引では、取引期間中の為替レートが一方向に想定以上に動き、アットザマネー周辺で適切な取引が継続できる権利行使価格が無くなった場合には、途中で権利行使価格を追加すること... 詳細表示

    • No:466
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 概要
  • オプションのリスクについて(11)

    権利行使の確率が高いほどオプション料は高く、反対に権利行使の確率が低いほどオプション料は安く設定されます。権利行使によって利益が得られる確率をふまえると、一概にオプション料が安いものが有利とはい... 詳細表示

    • No:450
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: リスク
  • オプションの計算について(17)

    バイナリーオプションにおいて、「インザマネー」のときには、残存期間が長くなるほど「アウトオブザマネー」に転じる確率が高いため、オプション価格は低くなります。 詳細表示

    • No:424
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの計算について(20)

    「インザマネー」とは、権利行使を行った場合の損益がプラスの状態であり、「アウトオブザマネー」とは、権利行使を行った場合の損益がマイナスの状態を言います。本源的価値をもつ「インザマネー」に対し、「... 詳細表示

    • No:421
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの計算について(26)

    オプション価格の計算に用いる指標のひとつに「デルタ」があります。デルタは、原資産価格の変化に対するオプション価値の変化率を表しており、【オプション価格の変化額÷原資産の変化額】で求められます。 詳細表示

    • No:415
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの仕組みについて(5)

    バイナリーオプションは、権利行使の期日である判定時刻時点の原資産価格が権利行使価格に達した場合に、あらかじめ定めた一定額のペイアウトを受け取ることのできる権利です。つまり、差金決済型のオプション... 詳細表示

    • No:506
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの方法について(3)

    通貨オプション取引では、原資産価格が大きく騰落すると予測する場合、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプション、原資産価格より権利行使価格が低いプットオプション、両方を取得すれば、原資産価格... 詳細表示

    • No:492
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションの方法について(8)

    判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測する場合、判定時刻時点の値が「原資産価格<権利行使価格」でペイアウトを受け取れるバイナリープットオプションを買い付けます。 詳細表示

    • No:487
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションの計算について(3)

    権利行使価格、権利行使期間が同一のヨーロピアンタイプとアメリカンタイプのオプションでは、アメリカンタイプの方がオプション価格は高くなります。アメリカンタイプは、買い手がいつでも権利行使でき、利益... 詳細表示

    • No:438
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの計算について(4)

    原資産を買う権利(コールオプション)の場合、原資産価格が上昇すると、本源的価値も高くなるため、オプションの価格は高くなります。本源的価値とは、権利行使を行ったときに得られる価値のことで、原資産価... 詳細表示

    • No:437
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 計算

100件中 61 - 70 件を表示