• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

オプション教室

『 オプション教室 』 内のよくあるご質問

100件中 21 - 30 件を表示

3 / 10ページ
  • オプションの計算について(30)

    バイナリーオプションの理論価格の計算には、ブラック・ショールズモデルを修正した計算モデルが広く用いられています。当社のオプション価格も、同モデルに基づいて得られた値を基準に算出しております。 詳細表示

    • No:411
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの計算について(19)

    「アウトオブザマネー」とは、権利行使を行った場合の損益がマイナスの状態であり、「インザマネー」とは、権利行使を行った場合の損益がプラスの状態を言います。本源的価値をもたない「アウトオブザマネー」... 詳細表示

    • No:422
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの計算について(16)

    バイナリーオプションでは、ペイアウト額が最大値であり、オプション価格がペイアウト額を上回ることはありません。 詳細表示

    • No:425
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションのリスクについて(18)

    店頭通貨バイナリーオプションの価格は、提示している市場がなく、取扱金融先物取引業者が複数の要素に基づく計算値を各々提示しており、基本的には相対取引で価格が決定されます。 詳細表示

    • No:443
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: リスク
  • オプションのリスクについて(7)

    プレーンオプションの売り手は、利益額がオプション料(プレミアム)に限定される一方、原資産価格と権利行使価格の差が損失となります。原資産価格が無限大ならば、損失額も無限大となります。 詳細表示

    • No:454
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: リスク
  • オプションのリスクについて(4)

    オプションの売り手は、買い手が権利行使を行った場合には、必ず応じなければなりません。ただし、オプションの買い手が権利行使を行う行わないに関わらず、オプション料(プレミアム)を受け取ることができます。 詳細表示

    • No:457
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: リスク
  • オプションの仕組みについて(15)

    ペイアウト1,000 円のバイナリーコールオプションを500 円で買付し、判定の結果、権利行使条件が満たされた場合には、買い手は売り手からペイアウトとして1,000 円を受け取ります。したがって... 詳細表示

    • No:496
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの仕組みについて(13)

    権利行使価格1ドル100 円、ペイアウト1,000 円のドル円のコールバイナリーオプションを500 円で買付し、判定価格が1ドル99円となった場合、アウト・オブ・ザ・マネーとなり権利行使は行われ... 詳細表示

    • No:498
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの仕組みについて(12)

    権利行使価格1ドル100 円、ペイアウト1,000 円のドル円のプットバイナリーオプションを500 円で売付けし、判定価格が1ドル99円となった場合、イン・ザ・マネーとなり権利行使が行われ、1,... 詳細表示

    • No:499
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの計算について(6)

    「アウト・オブ・ザ・マネー」は、権利行使を行った場合の損益がマイナスの状態を言い、原資産価格が権利行使価格から離れるほど、オプション価格は低くなります。対して「イン・ザ・マネー」は、権利行使を行... 詳細表示

    • No:435
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 計算

100件中 21 - 30 件を表示