• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

オプション教室

『 オプション教室 』 内のよくあるご質問

100件中 91 - 100 件を表示

10 / 10ページ
  • オプションの計算について(25)

    「ボラティリティ」とは原資産価格の変動率のことです。オプション価格の計算に用いられるボラティリティは、以下の2種類です。・ヒストリカルボラティリティ:原資産の過去実績に基づいて算出される変動率・... 詳細表示

    • No:416
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの仕組みについて(4)

    円以外の通貨ペアを原資産とする差金決済型の通貨オプションのうち、オプション料や権利行使時の決済が円で行われるものは、対象とする通貨ペアで決済額を算出したのち、円換算によって金額を確定する仕組みと... 詳細表示

    • No:507
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 仕組み
  • オプションの方法について(4)

    通貨オプション取引では、原資産価格が小幅な値動きで推移すると予測する場合、原資産価格より権利行使価格が高いコールオプション、原資産価格より権利行使価格が低いプットオプション、両方を売却すれば、原... 詳細表示

    • No:491
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法
  • オプションの概要について(9)

    コールオプションおよびプットオプションにおいて「アットザマネー」とは、原資産の価格が権利行使価格と同じ状態をいいます。 詳細表示

    • No:472
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 概要
  • オプションの概要について(15)

    店頭通貨バイナリーオプション取引では、取引期間中の為替レートが一方向に想定以上に動き、アットザマネー周辺で適切な取引が継続できる権利行使価格が無くなった場合には、途中で権利行使価格を追加すること... 詳細表示

    • No:466
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 概要
  • オプションの計算について(14)

    「時間的価値」とは、オプションの残存期間(権利行使期日までの残存時間)を対象とした、将来の価格変動への見込み(期待値)です。残存期間が短いほど価格変動への見込みがなくなり、時間的価値は減少します。 詳細表示

    • No:427
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションのリスクについて(13)

    バイナリーオプションは、損失が限定的となる仕組みですが、お客様ご自身のご資産、投資可能額などを踏まえ、過度な投機的取引とならないよう、節度あるお取引をお心がけいただく必要があります。 詳細表示

    • No:448
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: リスク
  • オプションの計算について(4)

    原資産を買う権利(コールオプション)の場合、原資産価格が上昇すると、本源的価値も高くなるため、オプションの価格は高くなります。本源的価値とは、権利行使を行ったときに得られる価値のことで、原資産価... 詳細表示

    • No:437
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの計算について(18)

    バイナリーオプションではペイアウト額が固定されており、オプション価格がそれを上回ることはありませんが、オプション価格はボラティリティや権利行使期限までの残存時間などの影響を受けて変動するため、一... 詳細表示

    • No:423
    • 公開日時:2020/12/09 18:12
    • カテゴリー: 計算
  • オプションの方法について(9)

    判定時刻に、原資産価格が権利行使価格よりも下落していると予測する場合、判定時刻時点の値が「原資産価格<権利行使価格」でペイアウトを受け取れるバイナリーコールオプションを売り付けます。 詳細表示

    • No:486
    • 公開日時:2020/12/09 18:13
    • カテゴリー: 方法

100件中 91 - 100 件を表示